ラジオ波とは

表皮および体内の奥深い脂肪細胞の温度を同時に上昇させます。

rw

脂肪は41度で溶け始め脂肪細胞が小さくなりセルライトを解消。真皮の繊維芽細胞を刺激し代謝を早め、コラーゲンやエラスチンの生成を促進します。
エラスチンとは、線維状のタンパク質で、体内では主に、コラーゲン同士を結びつけて網目状に構成する働きをしています。肌の弾力や柔軟性はエラスチンがあるためです。